デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2020年1月21日(火)]

マンションの一室で火事 男性死亡 横浜市港南区

20/1/21(火)18:40

21日正午過ぎ、横浜市港南区のマンションで火事があり、この部屋に住む男性が死亡しました。

県警などによりますと火事があったのは横浜市港南区港南台の14階建てのマンションで、21日正午過ぎ、8階の部屋から焦げた臭いがするとマンションの管理人から119番通報がありました。 はしご車など消防車両31台が出動し、火はおよそ20分後に消し止められましたが、部屋の一部が焼失しました。 この火事で部屋に住む無職の齋藤忠良さん79歳が病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。 県警と消防は火事の原因を調べています。

相模原殺傷 約2カ月前に犯行の刃物を調べる

20/1/21(火)18:38

相模原市の障害者施設で45人が殺傷された事件の7日目の裁判員裁判。植松聖被告が事件のおよそ2カ月前に犯行に使用する刃物などを調べていたことが分かりました。

この裁判は2016年7月、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を刃物で刺し殺害したうえ、26人に重軽傷を負わせたとして、元職員の植松聖被告が殺人などの罪に問われているものです。 21日の裁判で、事件の数時間前に食事した友人女性の供述調書で、植松被告が「意思疎通のできない人を殺す」「大麻を合法化する」など新しい法律を6個作りたいと話していたということです。 また、女性は友人に対し、「周りに障害者を殺すと強く言っていて、自分は正しいだろうと言い張っていたので本気で殺すだろうと思っていた」などと打ち明けていました。 さらに、後輩にあたる男性の調書では、事件のおよそ2カ月前に、犯行に使用する刃物などをネットで調べるといった具体的な計画を立てていたということです。 (後輩男性)「包丁で刺すなら首がいいですよ。 神経が多く通っているので」「前、不良に拉致られた時に右手と左手の親指を結束バンドで締められたが、身動き取れなくなりますよ」(植松被告)「そうか、結束バンドか」このようなやりとりが10回ほど続いたほか、植松被告から犯行の協力を要請されたということです。 裁判は24日に被告人質問が行われる予定で、判決は3月16日に言い渡される予定です。

津久井やまゆり園 運営主体見直しで県の検証委

20/1/21(火)18:34

津久井やまゆり園の運営主体の見直しを巡り、利用者支援の実態を検証する県の第三者委員会の2回目の会合が開かれました。

黒岩知事は去年12月に、津久井やまゆり園を運営する「かながわ共同会」について「不適切な支援が行われていたとの情報が寄せられた」などとして、指定管理を見直す方針を示し、検証委員会を立ち上げていました。 21日の委員会では、去年12月時点で虐待の疑いがあるとされる25人のうち、居室施錠が確認された3人などについて検証。 このうち「見守りが困難」だとして居室施錠が行われていた事例は、要件を満たしていないと思われる状況や、居室内が劣悪な環境であったなどとして、「かなり問題のある身体拘束が行われていたと確信に近づいた」と説明。 あわせて、県がこうした状況をどう把握し、対応してきたかについても今後、詳しく調べていくと話しました。 また、黒岩知事はそのあと行われた会見で、共同会が運営する厚木市の「愛名やまゆり園」で匿名の通報があり、虐待の事例が認定されたと発表しました。 「ご飯をお盆にまき散らし食べさせる」などの行為があったとして、施設設置者としておわびしたいと説明しました。 一方、共同会はこれまで県の見直し方針に難色を示していて、12月末に県に対し根拠など説明を求める質問書を提出、県は21日付けで、回答するとしています。

保育園送迎バスがバイクと衝突 7人けが 小田原

20/1/21(火)18:32

21日朝、小田原市の交差点で保育園の送迎バスがバイクと衝突する事故がありました。

事故があったのは、小田原市矢作にある県道の交差点で、21日午前9時頃交差点を右折しようとした保育園の送迎バスが反対車線を直進してきたバイクと衝突しました。 この事故でバイクを運転していた21歳の男性が病院に搬送され、意識不明の重体となっています。 また、バスに乗っていた保育士2人と4歳から5歳の保育園児4人が病院で治療を受け、それぞれ軽傷を負いました。 この事故で県警はバスを運転していた、小田原市寿町のバス運転手、平田一郎容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。 調べに対し平田容疑者は「右折しようとする車があってバイクが見えなかった」と話しているということです。

受験控えた中3生に「合格豆腐」プレゼント 海老名

20/1/21(火)18:30

2月に迫った高校受験に臨む海老名市の中学3年生に、合格を祈願した「合格豆腐」がプレゼントされました。

「合格豆腐」は、市内の神社で合格祈願の祈とうをした大豆で作られていて、海老名市内の中学3年生全員、1100人以上にプレゼントされました。 この取り組みは、市内で150年以上豆腐を作り続けている富塚商事が毎年行っていて、ことしで14回目。 2月14日の県内の公立高校入試まで1カ月を切ったなか、生徒たちは、合格豆腐を力に変えてラストスパートに入ります。

「本物」を楽しめる 京急ミュージアムがオープン 横浜

20/1/21(火)13:09

横浜みなとみらい地区にある京急グループ本社ビルの1階に、ミュージアムがオープンし「本物」を楽しめる展示が早くも大人気です。

21日にオープンした京急ミュージアムは、去年9月に横浜みなとみらい地区に移転した、京急グループ本社ビルの1階に入っています。 セレモニーには鉄道好きで知られるタレントの中川家礼二さんも駆け付けオープンを祝いました。 ミュージアムのシンボル「京急デハ230形」は、昭和初期から活躍し引退後、埼玉県の公園で展示されていたもので、およそ2年かけて修復され、本来の姿によみがえりました。 会場のコンセプトは「本物」を見て、触れて、楽しむ。 実際の車窓の映像を見ながらの運転体験や沿線の主要な駅が再現された巨大ジオラマに子どもたちは目を輝かせていました。 京急ミュージアムは2月24日まで事前予約が終了していてその後春休み期間以外の平日は予約なしで見学できるということです。

相模原殺傷裁判 事件前日に「重度障害者は人ではない」

20/1/21(火)13:08

相模原市の障害者施設で45人が殺傷された事件の7日目の裁判員裁判で、植松聖被告が事件の前日に友人らと待ち合わせて、「重度障害者で意思疎通ができない人は人でない」と話していたことが分かりました。

この裁判は2016年7月、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を刃物で刺し殺害したうえ、26人に重軽傷を負わせたとして、元職員の植松聖被告が殺人などの罪に問われているものです。 21日の裁判では友人の供述調書が読まれ、植松被告が犯行前日の未明頃に、その友人らと待ち合わせて「重度障害者で意思疎通ができない人は人ではない」「自分で生活できないやつは税金の無駄遣い」などと話したということです。 それに対して、調書を読まれた友人が「わかります。 自分が重度障害者なら殺してほしいと思いますね」などと答えたということです。 その返答に対して、植松被告は反応を示さなかったということですが、友人らと大麻を吸ったあとに姿を消し、翌日に事件が起きました。

市営バスにはねられ女性死亡 横浜市磯子区

20/1/21(火)08:55

20日夜、横浜市磯子区で41歳の女性が市営バスにひかれ、死亡する事故がありました。

県警によりますと事故があったのは横浜市磯子区洋光台の市道で20日午後10時20分頃、近くに住むモンゴル国籍のトムルネレグイさんが横浜市営バスにひかれました。 ネレグイさんは病院に搬送されましたがまもなく死亡が確認されました。 横浜市によりますと市営バスには当時、乗客が12人乗っていましたが男性運転手を含めケガ人はいませんでした。 市の聞き取りに対し運転手は、車道に仰向けに横たわっていた人に気づき、急停止の手段を取ったが間に合わなかったなどと話しているということです。 県警が事故の原因を詳しく調べています。