デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2018年12月12日(水)]

青木キャスターが一日警察署長 磯子区

18/12/12(水)18:28

tvkの青木梨紗キャスターが横浜市の磯子警察署で一日署長に任命され交通安全を呼び掛けました。

11日から始まった年末の交通事故防止運動に合わせて、一日署長に任命された青木キャスターは横浜市出身でtvkの「NewsLink」に出演しています。 青木キャスターは市内の小学校の金管バンドや地元の交通安全協会などとともに京急線杉田駅前の商店街で、道行く人に無事故で新年を迎えようと訴えました。 県内ではことしに入ってから11日までに、交通事故の発生件数は去年の同じ時期と比べて減っているものの、事故で死亡した人は去年から14人増えて151人に上っているということです。

秦野市 中学校給食をセンター方式で運営の方針

18/12/12(水)18:27

秦野市は、3年後に開始を予定している中学校完全給食について、市内の共同調理場から配るセンター方式で運営する方針を12日の市議会で発表しました。

これは、12日の秦野市議会12月定例会の一般質問で明らかになったものです。 中学校完全給食については、ことし4月から保護者や教員などで構成される組織が校内で調理する自校方式をはじめ、4つの方式について検討を重ね、その後、高橋昌和市長に報告書を提出していました。 報告書をふまえ、市教育委員会の山口均教育部長が、「校内で単独の調理場の設置は困難。 安全・安心でおいしい給食が提供できるセンター方式での計画を進める」と述べました。 中学校の完全給食の実現は、ことし1月、市長選に初当選した高橋市長が掲げる公約の一つです。 秦野市によりますと、今年度中に基本計画を策定し、2021年12月に運営を開始する予定です。

空き家対策 厚木市が民生委員など4団体と協定

18/12/12(水)18:25

空き家の増加が社会問題となるなか、厚木市は12日、建築業や民生委員など4つの団体と空き家対策を推進する協定を締結しました。

厚木市によりますと、先月の調査では市内に632戸の空き家があり、そのうち9戸は持ち主がわからないということです。 将来的には倒壊の危険性があることなどから、市では去年、県弁護士会や県司法書士会などと協定を結び、相談窓口などを設置したということですが、家屋の修繕などをより促進するため、建設業や民生委員など新たに4つの団体との協定締結となりました。 なかでも、民生委員と協定を結ぶのは県内初で、空き家になる前に高齢者家庭に声掛けを行うなど、空き家予防になると期待されています。

危険ブロック塀 横浜市長「自身で安全確保して」

18/12/12(水)18:24

横浜市内の通学路に民間が所有する危険なブロック塀が見つかったことについて、横浜市の林文子市長は「安全を自身で確保するよう注意してほしい」と話しました。

横浜市によりますと、市立小学校の通学路沿いにある、法律の基準を満たしていない民間所有のブロック塀は、269校のあわせて2100カ所あります。 市は、このブロック塀について「個人情報の観点から公開しない」とし、塀の所有者と該当する通学路を使う学校に通知することにしています。 これについて、林市長は12日の定例記者会見で、「一刻も早く改善されるべき」とした一方で、通学路を使う一般の市民への周知については、次のように話しました。 横浜市教育委員会では、1月中に該当する学校へ通知することにしています。

「今年の漢字」 京都・清水寺で発表

18/12/12(水)18:23

ことしの世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」が12日、京都市の清水寺で発表されました。

清水寺の森清範貫主が一気に書き上げた「今年の漢字」は「災」。 「今年の漢字」は毎年、全国からの応募をもとに決定され、平成最後となる24回目のことしは19万3214票が集まり「災」がトップの2万858票を占めました。 理由としては全国的に地震、豪雨、台風、猛暑などの自然「災」害の脅威を痛感したことや、スポーツ界でのパワハラ問題、財務省決裁文書の改ざんなどが発覚し、人「災」や「災」いと捉えられたことなどがあげられました。 また2位以下は「平」「終」「風」「変」と続く結果になりました。

川崎市川崎区砂子で死亡交通事故

18/12/12(水)11:44

11日夜遅く川崎市川崎区の交差点で49歳の男性が乗用車にひかれ死亡する事故がありました。

事故があったのは川崎市川崎区砂子の信号機のある交差点で11日午後10時頃道路に倒れていた横浜市金沢区に住む藤原剣太郎さんが乗用車にひかれました。 藤原さんは病院に運ばれましたがおよそ1時間半後に死亡が確認されました。 県警は乗用車を運転していた東京都内に住む自営業の64歳の男性から詳しい事情を聞いています。