デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年4月17日(水)]

横浜観光親善大使 初仕事で市長訪問

19/4/17(水)19:05

これが初仕事です。横浜市の観光親善大使に決まった2人が、林文子市長のもとを訪れ意気込みを語りました。

横浜市役所を訪れたのは、いずれも市内在住の大学生、川内美月さんと渡部結郁子さん。 市の第17代観光親善大使に、応募者52人の中から選ばれました。 横浜観光親善大使は、一年にわたり各地のイベントなどで横浜市の魅力をPRする活動をしていて、ことしは外国客船の入港や、ラグビーワールドカップの開催などで、すでに大忙しの予感。 今回が初仕事の2人は緊張した面持ちでしたが、林市長は「横浜代表としてまちの魅力を伝えてもらいたい」と大きな期待を寄せました。 親善大使の2人は、5月3日に開催予定の国際仮装行列「ザ・よこはまパレード」で市民の前に初めて登場するということです。

橘学苑大量退職問題 県が実態調査へ

19/4/17(水)19:04

横浜市鶴見区の学校法人「橘学苑」が運営する中高一貫校で非正規雇用の教員が大量に退職していることを受け、県は来週にも実態調査に入る方針を示しました。

橘学苑によりますと、学苑では2013年度からの6年間に公立学校への採用決定や本人の希望で、非正規雇用の教員63人が退職したということです。 改正労働契約法では有期雇用が5年を超えると無期に転換できる「無期雇用ルール」がありますが、一部報道で雇い止めがあったとされ、県は調査に入ることを決めました。 tvkの取材に対し橘学苑は契約の段階で年数を提示している上、無期雇用転換を申請した人もいないとして、「雇い止めの事実はない」と回答。 また、神奈川労働局による調査の結果、そうした事実はなかったと結論付けられたということです。 学苑側は教員の入れ替わりで生徒に影響が出ないよう努めるとしています。

三溪園でさくらそう展

19/4/17(水)19:02

横浜市中区の三渓園では可憐な花を咲かせた、サクラソウの展覧会が開かれています。

桜の花の形に似たことから名づけられたサクラソウ。 江戸時代には番付ができるほどの人気があり、その後品種改良が重ねられ、現在では、300種類以上あるといわれています。 会場には、横浜などの愛好家でつくる「横浜さくらそう会」の会員が丹精をこめたおよそ170鉢が展示されています。 江戸時代の番付にも登場し、現在まで残されている品種「浮雲」や、横浜市の希少な野生種「小机」など、清楚な花々が訪れた人たちを楽しませています。 サクラソウの展覧会は今月23日まで開かれています。

相模原市 選挙で使用の6000人分の名簿紛失

19/4/17(水)19:02

相模原市は、今月7日の統一地方選挙で使用した、個人情報が入った中央区の選挙人名簿、およそ6000人分が入ったUSBメモリを紛失したと発表しました。

今回紛失したUSBメモリには、相模原市中央区田名塩田の有権者など6123人分の住所、氏名生年月日のほか、統一地方選挙の投票状況も記載されていたということです。 中央区では、選挙人名簿を投票区ごとに37個のUSBメモリで管理していて、今月7日の統一地方選挙で投票の確認作業などに使われたのち、物品整理の際に1個の紛失が分かりました。 USBメモリの管理は、中央区選挙管理委員会の20代の男性職員が1人で行っていて、複数人で確認するなどのマニュアルはありませんでした。 USBメモリにはパスワードがかかっていて、現在までに悪用されるなどの被害は確認されていませんが、選挙管理委員会では再発防止に努めたいとしています。

SDGs協定 神奈川県とセブン&アイホールディングス

19/4/17(水)18:58

県は、持続可能な開発目標=SDGsの達成に向けて、コンビニ大手企業と協定を結びました。

県と協定を結んだのは「セブン&アイホールディングス」です。 県内で、全1631店舗のグループを展開しています。 協定ではエネルギーや共生社会の推進など4つの事項について連携が約束されました。 なかでもプラスチックごみ問題に関してはセブンイレブンが、紙製のレジ袋を導入するための実証実験を行うとしています。 紙製レジの実証実験は今月23日から、横浜市内の店舗で順次スタートします。

川崎市でUターンの車とバイク衝突 男性死亡

19/4/17(水)13:35

16日夜川崎市高津区でUターンしようとした乗用車とバイクが衝突し、バイクの男性が死亡する事故がありました。

16日午後7時半頃Uターンしようとした乗用車の側面に後ろからきたバイクが衝突しました。 この事故でバイクを運転していた会社員の男性(26)が全身を強く打つなどして病院に運ばれましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。 この事故で県警は乗用車を運転していた男を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。 男は調べに対し「後ろを見れば良かった」と容疑を認めていて、県警が事故の状況を詳しく調べています。

大和市のハローワークで男がスプレー噴射 数人がケガ

19/4/17(水)13:33

大和市のハローワークで29歳の男が職員らに向かってスプレーをまき、6人が目の痛みなどを訴えて病院に運ばれました。男は駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。

職員に対する公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されたのは自称大和市西鶴間の自営業・内田大貴容疑者です。 17日午前9時頃大和市深見西にある「ハローワーク大和」の職員から「男がスプレーをまいて異臭がする」と通報がありました。 県警などによりますと男性職員が応対していたところ内田容疑者が催涙スプレーのようなものをまいたということで、その後駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。 この事件で利用者1人を含む男性4人と女性2人が目の痛みなどを訴えて病院に運ばれていて、いずれも軽症だということです。 調べに対し内田容疑者は「胸を叩かれたので防御するためにスプレーをまいた」などと容疑を認めていて、県警が事件のいきさつなどを詳しく調べています。

県庁本庁舎「正庁」を復元 公開へ

19/4/17(水)09:17

県庁本庁舎、創建当時の姿がよみがえりました。

昭和3年に完成した県庁本庁舎。 平成8年には国の有形文化財に登録され、「キングの塔」の愛称で親しまれてきました。 その4階、中央に位置するのが…「大広間」という意味がある正庁。 創建当時は天皇・皇后の写真を掲げ拝む場として使われていましたが、昭和の後半に入ってからは行政資料室や執務室となっていました。 しかし今回、文化財としての価値を高めるため、内装を復元。 格子状の天井やシャンデリア、壁時計などは当時のものをそのまま使っています。 正庁は今月21日に先行公開、ゴールデンウィーク期間中に一般公開されます。