デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2018年8月15日(水)]

茅ヶ崎市で平和へのつどい

18/8/15(水)18:49

茅ヶ崎市では子どもたちが平和について考えるつどいが開かれました。

茅ヶ崎市で開かれたことしで29回目となるつどいにはおよそ60人が参加。 15日は戦争の犠牲者に向け黙とうが捧げられたあと、地元の子どもたちが平和について語っていました。 会場の中には、2000人を超える市内の小中学生の中から選ばれた15人の作品が並び、広島にまつわる体験などが反映されています。 茅ヶ崎市役所内では、15日まで原爆展が開かれ、訪れた人たちは、平和への願いをこめて折鶴を作っていました。

お盆のUターンラッシュ 新幹線で混雑ピーク

18/8/15(水)18:48

お盆をふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが続き新幹線では混雑のピークを迎えました。

JR東海によりますと、東海道新幹線は15日、混雑のピークを迎え、午後の指定席は上りでほぼ満席となりました。 JR新横浜駅のホームは、お土産や大きな荷物などを持った家族連れなどで混雑していました。 自由席の乗車率は、午後2時台に新大阪駅を発車した上り列車が110パーセントに達するなど、上りで一部、乗車率が100パーセントを超えています。 東海道新幹線は、16日は混雑が緩和し、上りも時間帯によっては空席がある列車もあるということです。

児童買春・窃盗 職員2人を懲戒処分 相模原市

18/8/15(水)18:47

相模原市は児童買春の疑いで逮捕された男性主任を15日付けで免職の懲戒処分にしました。

懲戒免職処分となったのは相模原市下水道保全課の35歳の男性主任です。 市によりますと男性主任はことし4月に当時17歳の女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして先月、児童買春の疑いで逮捕されました。 男性主任は市の聞き取りに対し事実を認めていて「弁明の余地はない」と話しているということです。 また、停職6カ月の懲戒処分になった生涯学習課の55歳の男性主幹は6月に元の職場に無断で侵入し職員の親睦会用の預金通帳とキャッシュカードを盗んだとされています。 男性主幹は盗んだ6日後に銀行のATMで現金を引き出そうとしましたがその前日に紛失が分かり銀行に届け出がされていたため引き出すことはできませんでした。 男性主幹は元の職場に勤めていたとき自費で棚を作ったり、スコップを購入したりしていて取り返したくなったなどと事実を認めているということで、15日付けで辞職しました。

神奈川県戦没者追悼式 平和への決意新たに

18/8/15(水)18:46

73回目の終戦の日となった15日、県内の戦没者に祈りをささげる追悼式が行われました。

天皇陛下が来年4月に退位されるため、平成最後となる県戦没者追悼式には、遺族らおよそ100人のほか黒岩知事や県議らが参列し、平和への決意を新たにしました。 現在、県遺族会の会員はおよそ4万5000人で、平均年齢は78歳。 父親がフィリピンで戦死した田邊冨士雄会長は次の世代への継承を呼びかけるとともに、「二度とこのような悲劇を起こしてはいけない」と話します。 県遺族会は今年度中に戦没者の孫やひ孫でつくる青年部を立ち上げたいとしています。

台風被害で県に緊急要望書提出

18/8/15(水)13:13

台風12号などで大きな被害を受けた小田原市や湯河原町などが15日、災害時の防災対策などを求める要望書を県に提出しました。

県に緊急要望書を提出したのは、小田原市と湯河原町、それに真鶴町です。 県西部では、先月の台風12号の影響で国道135号が冠水し複数の車両が高波に飲み込まれたほか、建設中の観光施設や海の家が壊れるなど各地に被害が出ました。 これを受け、要望書では、国道135号に対応する避難場所の確保や道路や海の状況などに関する情報をいち早く伝えるための情報伝達の整備を求めています。 また、国道135号の通行止めなどに備えて建設を進めている代替路線の早期完成や、被害を受けた漁港や観光施設などの復旧に向けた財政支援などを要望しました。 県では、「課題を共有し、対応できるものは早急に対応していきたい」としています。

横浜市内で路上強盗2件相次ぐ

18/8/15(水)13:13

15日未明、横浜市緑区と青葉区の路上で、男性が数人の男に囲まれ、現金を奪われる強盗事件が2件相次ぎました。

事件があったのは、横浜市緑区鴨居の鶴見川沿いの遊歩道で、県警によりますと15日午前3時10分頃、東京都の40歳の男性がサイクリングをしていたところ、突然男が立ちはだかり、「金を出せ」と脅しました。 男性が逃げようとすると、男はヘルメットで男性の顔を殴り、さらに7人ほどの男に囲まれたということです。 男性が財布を取り出すと、男らは現金約8000円を奪って逃げました。 男らは、年齢が15歳から20歳くらいだったということです。 また、15日午前4時15分頃、横浜市青葉区奈良の路上で出勤途中だった43歳の男性が5、6人の若い男に取り囲まれ、「金を出せ」と脅されました。 男らは抵抗する男性から現金約3000円を奪うと、複数台のオートバイに乗って逃げたということです。 県警では、2件の犯行が同一犯の可能性もあるとみて、路上強盗の疑いで防犯カメラの映像を解析するなどし、男らの行方を調べています。