デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年10月16日(水)]

川崎市でボランティアセンター受付開始

19/10/16(水)19:56

川崎市では災害ボランティアの受付を始めました。

川崎市中原区の川崎市総合福祉センターに設置された災害ボランティアセンターでは、ボランティアをしたい人と支援が必要な人からの申し出をそれぞれ受け付け、マッチングしたうえで派遣を行います。 受付を開始した初日から床上浸水の被害にあった人などから、清掃や家財の運び出しを手伝ってほしいという要望が電話で寄せられました。 ボランティア活動への参加は市内に住んでいる人または在勤、在学の人を対象にしていて、直接センターを訪ねるか電話で問い合わせてほしいということです。 浸水した後は感染症などのおそれもあり、ボランティア活動を携わる人たちも対策は欠かせません。 ボランティア派遣要請受付川崎市災害ボランティアセンター電話 080-9537-1546FAX 044-739-8739Eメール v-center@csw-kawasaki.or.jp(半角)ボランティア活動参加受付川崎市社会福祉協議会電話 080-5799-5984FAX 044-739-8739Eメール v-center@csw-kawasaki.or.jp(半角) 

台風19号から4日 箱根の様子は

19/10/16(水)19:54

48時間での降水量が1000ミリを超える大雨が降った箱根町でも、まだ影響が続いています。

大雨で水位が上がった芦ノ湖は、16日昼頃には、だいぶ水位が下がっていましたが、氾濫危険水位の2.6メートルを超えています。 運行を見合わせている遊覧船は、水位が下がってから船自体や、船を留めておくさん橋の状況などを確認して、安全を確認出来てから運行を再開するということです。 箱根登山鉄道の小涌谷踏切近くでは、土砂崩れが起きて線路が陸橋ごと押し流され、崖にむかってぶら下がったままになっています。 鉄道の担当者によりますと、線路の復旧にはかなり長い期間がかかると見込まれていて、箱根湯本から強羅にかけて代行バスを運行するとしています。

特殊詐欺グループの指示役の男を逮捕

19/10/16(水)19:52

厚木市に住む70代の女性のキャッシュカードで現金を引き出し盗んだとして、都内に住む指示役とみられる男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは東京都荒川区西日暮里の脇坂勝利容疑者です。 県警によりますと、脇坂容疑者はことし1月、厚木市に住む70代の女性の自宅に百貨店の職員などを装い、「キャッシュカードが不正に使用されている。 カードを交換する必要がある」とウソの電話をかけて、キャッシュカード5枚をだまし取り、市内のスーパーのATMなどで現金合わせて240万円を引き出し盗んだ疑いが持たれています。 この事件をめぐり、実行役とみられる安藤康児被告が窃盗の罪で起訴されていて、脇坂容疑者が安藤被告に指示を送っていたとみられるということです。 県警は、脇坂容疑者の認否を明らかにしていませんが、脇坂容疑者が詐欺グループのかけ子や受け子を統括する役割で、海外を拠点にして詐欺事件に関与した可能性もあるとみて捜査しています。

9月度スカパー!サヨナラ賞にソト選手

19/10/16(水)19:48

プロ野球で、もっともインパクトのあるサヨナラ打に贈られるスカパー!サヨナラ賞に横浜DeNAベイスターズのソト選手が選ばれました。

9月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞したのは、横浜DeNAベイスターズのソト選手です。 ソト選手は、先月19日の広島戦で、7点差を追いついた末の延長11回裏、この試合2本目となるサヨナラスリーランホームランを放って試合を決着させました。 2年続けてセ・リーグのホームラン王に輝いたソト選手は、緊迫した場面で結果を残すポイントを「大事なのはリラックスしてあまりシチュエーションを考えすぎず打席に入ること」などと語りました。 2012年から始まったこの賞は、ソト選手が初受賞、横浜DeNAからは去年5月の山下幸輝選手以来、6人目です。

台風19号から4日 市民生活に影響

19/10/16(水)13:15

県内に甚大な被害をもたらした台風19号から4日。被害の大きかった相模原市緑区では一部の地域で生活への影響が出ています。

相模原市緑区では台風19号の影響で6人が死亡し、大規模な土砂崩れで住宅が倒壊した牧野では、16日も60代の夫婦の行方が分からず、自衛隊や消防が24時間体制での捜索を続けています。 住民の生活にも大きな影響が出ています。 緑区内の5つの小学校と2つの中学校は、断水や通学路の土砂崩れの影響で15日に引き続き、16日も休校となりました。 緑区内では、60カ所以上で崖崩れが発生し、200カ所余りで道路が通行止めとなっています。 緑区牧野では、土砂崩れなどで帰宅が困難な人のために避難所が開設されていて、4日経った現在も16人が避難生活を余儀なくされているほか停電が続くなど、一刻も早い復旧が待たれます。

女子児童に性的暴行か 社会福祉法人の元園長を逮捕

19/10/16(水)13:13

社会福祉法人の元園長の男が当時小学6年生の女子児童に性的暴行を加えたとして、県警に逮捕されました。

強制性交の疑いで逮捕されたのは、社会福祉法人かながわ共同会愛名やまゆり園の元園長、高橋英行容疑者(59)です。 県警によりますと、高橋容疑者は、去年11月から12月にかけて、厚木市内に住む当時小学6年生の女子児童に複数回にわたって性的暴行を加えた疑いが持たれています。 高橋容疑者は、女子児童の親と知り合いで、女子児童が自宅で1人でいたところを狙って犯行に及んだとみられます。 調べに対し、高橋容疑者は容疑を否認しているということで、県警が事件のいきさつを慎重に捜査しています。

内縁の妻を刺殺か 55歳の男を逮捕

19/10/16(水)11:53

昨夜、横浜市緑区のアパートで、同居していた内縁の妻を包丁で刺して殺害したとして、55歳の男が県警に現行犯逮捕されました。

殺人の疑いで現行犯逮捕されたのは横浜市緑区新治町の無職、小山乃夫美容疑者(55)です。 県警によりますと、小山容疑者は、15日午後8時半頃、自宅のアパートで同居していた内縁の妻、鈴木康子さん(56)の首を包丁で刺すなどして殺害した疑いが持たれています。 小山容疑者は、「女房を殺した」などと自ら110番通報していますが、凶器とみられる包丁は血を洗い流した状態で台所で見つかったということです。 調べに対し、小山容疑者は「殺しました」などと容疑を認めているということで、県警が、動機や事件のいきさつなどを詳しく調べています。