デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
15:00
鬼平犯科帳 #5「谷中いろは茶屋」
ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2017年2月23日(木)]

平塚の女性遺体は窒息死 殺人事件と断定

17/2/23(木)22:39

平塚市の住宅で22日、遺体で発見された80歳の女性の首に、何者かに圧迫されたような跡が見つかり、県警が殺人事件と断定し捜査を進めています。

県警によりますと死亡したのは、平塚市札場町の無職、鳥海廣子さんで今月20日から22日の間に自宅にいたところを何者かに殺害されたとみられています。 鳥海さんの遺体には首に圧迫されたような痕があり、県警では23日司法解剖を行い、死因を窒息死と断定しました。 22日午前11時頃、別の家に住む長女が鳥海さんを訪ね、寝室のベットの上に倒れているのを発見。 通報で駆けつけた消防隊員が死亡を確認しました。 鳥海さんはこの家に1人暮らしで、長女が訪ねたとき玄関の鍵はかかっていましたが、一部で窓ガラスが割れていて、鍵が外された状態になっていたということです。 県警は23日、平塚警察署に捜査員95人体制の特別捜査本部を設置し、捜査を進めています。

アカモクで地域活性

17/2/23(木)22:39

逗子市では海草の一種、「アカモク」を使った創作料理を楽しめるイベントが3月に行われます。

繁殖力が強く船のスクリューに絡まるなど海の邪魔ものとして扱われていたアカモク。 しかし近年、栄養価が高い食材として評価され始めています。 ミネラルや肥満予防効果が期待できる「フコキサンチン」という天然色素が他の海草に比べ数倍多く含まれています。 このアカモクを使い逗子市と市内の飲食店が手を組んで地域の活性化を進めます。 23日は逗子市内の飲食店でアカモクを使った創作料理の試食会が行われました。 アカモクや地元の食材を使用したかき揚げやリゾットなどが並びます。 また、獲れる魚が少ない今の時期に安定供給できるアカモクは地域の漁業にとってもありがたい存在だといいます。 逗子市内の飲食店でアカモクを使った創作料理を楽しめるイベントは、3月いっぱい行われるということです。

横浜税関 過去最多のコカインを摘発

17/2/23(木)18:33

横浜税関は、エクアドルから運ばれてきたコンテナに積まれていたコカイン95キログラムを摘発したと発表しました。

横浜税関によりますと、エクアドルを出発し、パナマを経由して去年9月に横浜港の南本牧ふ頭に到着した船に詰まれたコンテナを税関の職員が確認したところ、袋につめられたコカインを見つけたということです。 コンテナの中にはあわせておよそ95キログラム、末端価格にしておよそ57億円分のコカインが3つの袋に分けて詰められていました。 横浜税関では、密輸組織が、船が経由したパナマでコカインを抜き取ろうとして失敗し、そのまま横浜まで運ばれたのではないかとみています。 今回摘発されたコカインは、船などで運ばれたものとしては、横浜税関で過去最も多かったということです。

税データ誤りで児童手当など誤支給 茅ヶ崎市

17/2/23(木)18:31

茅ヶ崎市は、児童手当などの支給を判定するシステムで所得税に関するデータの計算式などに誤りがあり、実際とは異なる金額が支給されていたことがわかりました。

支給や徴収に誤りがあったのは、児童手当、保育料、障害児福祉手当など6種類で36件、金額は合わせておよそ270万円です。 不具合が発覚したのは福祉総合システムで、税の項目や計算式を間違って入力していたことで誤った判定結果が出たため、本来の金額とは異なる支給や徴収がされていたということです。 記録が残る過去7年間で、本来の金額との差が大きかったものとして、およそ17万円多く支給したケースとおよそ40万円少なく支給したケースがあったということです。 システムを保守するワイイーシーソリューションズの岡西祥太郎社長は「人為的なミスだった」とし、茅ヶ崎市は「対象となる市民に説明し、追加支給や還付などの手続きを進める」としています。

横浜港で覚醒剤161億円分摘発

17/2/23(木)18:28

横浜港に到着したコンテナ船の中から、去年7月、161億円分にのぼる覚醒剤が見つかり、これらを密輸した疑いでメキシコ国籍の男女2人らが逮捕・起訴されていたことがわかりました。

麻薬特例法違反の罪で逮捕・起訴されたのは、メキシコ国籍の男女2人と、ブラジル国籍の男の合わせて3人で、メキシコから販売目的で覚醒剤を密輸した疑いが持たれています。 覚醒剤は高さおよそ80センチ、直径およそ20センチの金属製のパイプの中に隠されていたということで、去年7月横浜市中区の本牧ふ頭で税関の職員が発見。 パイプの数は全部で46本あり、覚醒剤およそ230キロ、末端価格でおよそ161億円分が押収されました。 県警ではパイプの中身を入れ替えて行方を追跡したところ、受け取り役とみられる3人が浮上したということです。 今回摘発した覚せい剤は県警が一度に押収したものでは、過去3番目の量だということで、県警は、背後に大規模な密輸組織が関わっているとみて、捜査を進めています。

平塚市の住宅で女性の変死体

17/2/23(木)13:08

22日午前11時ごろ平塚市の住宅で、80代の女性が死亡しているのがみつかり、県警は事件の可能性もあるとみて捜査を進めています。

22日午前11時ごろ平塚市札場町の住宅で80代の女性が倒れていて、「呼びかけに反応せず、血を吐いた跡がある」と家族とみられる女性から119番通報がありました。 消防が住宅に駆けつけましたが、女性はすでに死亡していたということです。 住宅では窓ガラスの一部が割れていたということで、県警は事件の可能性もあるとみて、23日女性の司法解剖を行い、死亡した原因などを調べています。 現場はJR平塚駅からおよそ1キロメートルほど離れた住宅街で、女性は1人暮らしだったということです。

CP+2017 はじまる

17/2/23(木)13:07

最新のカメラや映像機器などを一堂に集めた企画展が横浜市西区のパシフィコ横浜で始まりました。

アジア最大規模を誇り、開催地を横浜に移して8年目をむかえたこの企画展は、121の企業や団体が1000を超えるブースを出展しています。 今回の展示では身の回りにあるものを利用して高いレベルの撮影が可能になる商品が多く並んでいます。 スマートフォンを装着したグリップは、スマホのカメラを利用して魚眼レンズや一眼レンズなど様々なレンズを組み合わせ、プロ級の写真撮影が可能になるということです。 スマホをモニターにして動きの多いシーンを撮影するときに使うスタビライザー。 手ブレがほぼ無くなり身近なカメラを使いながら映画のような滑らかな動きを撮ることができます。 この企画展は今月26日まで開かれています。