デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2018年6月14日(木)]

拉致被害者家族会が安倍首相と面会

18/6/14(木)18:35

北朝鮮による拉致被害者の家族が安倍総理大臣と面会し、米朝首脳会談の内容について報告を受けました。

川崎市に住む横田早紀江さんら拉致被害者家族13人は官邸で安倍総理と面会しました。 安倍総理は米朝首脳会談について「トランプ大統領に日米首脳会談で述べた私の拉致問題に対する考え方を、そのまま金正恩委員長に伝えたと聞いた」と報告しました。 そして拉致問題について「米朝首脳会談を機会に日本の問題として北朝鮮と向き合い解決する」と表明しました。 その上で、日朝首脳会談は「拉致問題が前進しなければ意味がない」と述べました。

新幹線殺傷 男「出所後また犯行に・・・」

18/6/14(木)18:33

東海道新幹線の車内で乗客3人が刃物で殺傷された事件で、逮捕された22歳の男が「出所したらまた犯行に及ぶ」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

愛知県の小島一朗容疑者は6月9日、県内を走行中の東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人をなたで切りつけ、会社員の梅田耕太郎さんを殺害した疑いが持たれています。これまでに小島容疑者は「誰でもいいから殺そうと思った」と話していますが、その後の捜査関係者への取材で、「刑務所を出たらまた犯行に及ぶ」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。また凶器のなたとナイフについては、「滞在していた長野県内でことし3月頃に買った」と話しているということです。県警は長野県のJR岡谷駅前で小島容疑者の自転車を押収していて、事件前の足取りを追うとともに、小島容疑者が計画的に犯行に及んだとみて調べています。

小田原厚木道路 工事現場で見学会

18/6/14(木)18:31

一部区間で改修が進められている、小田原厚木道路で工事現場の見学会が行われました。

およそ50年前に建設された小田原厚木道路は老朽化に伴って、一部路面にひび割れなどが発生し、管理するネクスコ中日本が5月から改修工事を始めています。 工事の区間は小田原市内の小田原本線料金所から荻窪インターチェンジ間にあたる川端高架橋、上り線のおよそ120メートルです。 見学会では舗装路面の下に敷く床版と呼ばれる、コンクリート板の取替え作業が実施されました。 新しい床版は1枚につき長さがおよそ8.5メートル、重さ9トンほどあり、100年の耐久性が備わっています。 床板は58枚が設置され、作業の終了は7月末を予定しています。

八景島シーパラでペンギンのサッカー大会!?

18/6/14(木)18:30

「2018FIFAワールドカップ」の開幕を前に、横浜市内の水族館でかわいい動物たちのサッカー大会が開かれています。

ボールを蹴っているのはケープペンギン。 横浜・八景島シーパラダイスでは、「2018FIFAワールドカップ」開催を記念し、施設内の水族館「ふれあいラグーン」で、ペンギンたちのサッカー大会が開かれています。 くちばしを使ってものを運ぶケープペンギンの習性を活かしてイエローカードを出したり、人形のキーパーに向かってPK戦をしたり、かわいいプレーで観客を魅了しました。 サッカー大会の後には、ペンギンとのふれあいや記念撮影も楽しめます。 このサッカー大会は、横浜・八景島シーパラダイスで7月16日まで開かれます。

お面かぶって撮影も 座間で参加型の個展

18/6/14(木)13:16

油絵の前でお面をかぶって撮影し、自分もアートの一部に、そんな参加型の展示会が座間市内で開かれています。

岡本太郎記念現代芸術大賞の特別賞などを受賞した小田原市に住む作家、横井山泰さん。 この個展は、横井山さんが座間市内に住んでいたことが縁で開かれたもので、油絵や立体作品など143点が展示されています。 会場にはイヌやクマ、それに架空の動物などのお面の作品18点が並んでいて、展示会では珍しく、作品を自由に手に取ることができます。 お面をかぶり絵の前で好きなポーズをとって撮影することで、アートの一部になるようなおもしろさを体験できるようになっています。 「お面とどうぶつ」は、今月17日まで開かれていて、16日には横井山さんによるトークも行われます。

新幹線殺傷 2つの凶器「3月頃に購入」

18/6/14(木)13:15

東海道新幹線の車内で乗客3人が刃物で殺傷された事件で、逮捕された22歳の男が2つの凶器について、「ことし3月頃に買った」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

愛知県の小島一朗容疑者は今月9日、県内を走行中の東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人をなたで切りつけ、会社員の梅田耕太郎さんを殺害した疑いが持たれています。 小島容疑者は犯行に使ったとみられるなたと果物ナイフについて「いずれ犯行に使うため長野県内で購入した」と話していますが、その時期について「ことし3月頃に買った」と供述していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。 県警は小島容疑者が計画的に犯行に及んだとみて調べています。

特殊詐欺事件と関連か 暴力団事務所を捜索

18/6/14(木)13:12

県内で発生した特殊詐欺事件をめぐり、被害金が暴力団の資金源となっている可能性があるとみて、県警は14日、東京都内の暴力団事務所を家宅捜索しました。

14日午前10時半頃、県警の捜査員およそ50人が東京都の歌舞伎町にある指定暴力団「極東会」系の事務所に家宅捜索に入りました。 事件をめぐっては去年3月、横浜市港南区に住む80代の男性が銀行の職員を装った男らに現金500万円をだまし取られ、現金の受け取り役の男が逮捕されました。 その後、県警が証拠品などを調べた結果、極東会系幹部の橋本晴矢容疑者が現金の回収役などとして関与していることが分かり、詐欺の疑いで逮捕しました。 県警は橋本容疑者の認否を明らかにしていませんが、詐欺事件の被害金が暴力団の資金源になっていたとみて調べています。