デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2020年4月3日(金)]

「子ども110番の塾」 県内で初めて設置

20/4/3(金)18:28

地域の安全を守るため設置されている「こども110番の家」。3日から塾の協力もスタートです。

「こども110番の塾」に3日から指定されたのは、小学生から高校生までが通う学習塾、「個別指導学院ヒーローズ」です。 一般家庭や店舗などがボランティアで行う「こども110番の家」は県内に10万カ所以上ありますが、「こども110番の塾」は県内で初めてだということです。 県内17校すべてにステッカーが貼られて、塾に通う生徒にも「不安なことがあれば助けを求めてほしい」と呼びかけたいとしています。

手荒れ対策で保育園にハンドクリームを贈呈

20/4/3(金)18:27

川崎市に本社を置く製薬会社が、手荒れが気になる子どもたちに使ってもらおうとハンドクリームを寄付しました。

川崎市保育会にハンドクリーム2万本を寄付したのは川崎市川崎区に本社を置くユースキン製薬です。 新型コロナウイルスの感染予防のため手洗いや消毒の機会が増える中、ユースキン製薬では、荒れた手をケアするハンドクリームの売り上げが前年比で1.6倍に増えたということです。 子どもの手荒れを心配する声が多く寄せられたことから寄付を決め、アニメ動画を参考に楽しみながらハンドケアを実践してほしいとしています。 ハンドクリームは、川崎市内の70の保育園に早ければ来週中にも届けられる予定です。

川崎市 機械式駐輪場がオープン

20/4/3(金)18:27

自転車の安全な利用へ向けた街づくりを進めている川崎市。4月、新しい形態の駐輪場を開設しました。

4月1日に、川崎駅東口近くに2基がオープンした「地下機械式駐輪場」。 深さ13メートルで、収容台数は2基合わせておよそ400台です。 操作方法は、自転車を指定された位置にセットし、入庫ボタンを押すだけで、自動で運ばれます。 そして、取り出すときも、登録したカードをタッチするだけで、十数秒で地上へ出てきます。 川崎市によりますと、市内では初めての設置で、県内でも2カ所目だということです。 総工費はおよそ4億6000万円でした。 川崎市は2012年に「川崎駅東口地区総合自転車対策基本計画」を策定。 自転車と歩行者の通路の分離や、駅周辺の放置自転車対策として駐輪場の整備などをすすめてきました。 利用の申し込みは、近くにある「駐輪場第11施設」の管理事務所で受け付けているということです。

神奈川県内で新たに19人感染 新型コロナ 

20/4/3(金)18:27

川崎市など県内では、3日新たに20代から70代の男女19人が感染したことがわかりました。

川崎市によりますと、感染が確認されたのは中原区に住む20代男性3人、川崎区の30代女性と40代男性、多摩区の40代女性、麻生区に住む聖マリアンナ医科大学病院の看護師の20代女性と、会社員の50代男性の、あわせて8人です。 いずれも軽症か無症状だということです。 中原区の男性3人は、市内にある同じ会社の同僚で、社内に陽性とわかった人がいたため自宅待機していました。 県は平塚保健福祉事務所管内の30代から70代の男女3人、厚木保健福祉事務所管内の20代から70代の男女4人、それに鎌倉保健福祉事務所管内の60代男性のあわせて8人の感染が確認されたと発表しました。 また藤沢市に住む会社員の40代男性と相模原市の看護師の20代女性、それに横須賀市の会社員の60代男性の陽性が判明しました。

横浜市が4月20日までの休校延長を決定

20/4/3(金)18:27

横浜市は4月8日から再開するとしていた市立学校について、方針を転換して20日まで休校を延長すると決定しました。

横浜市ではこれまで、4月8日から短縮して授業を再開することにしていましたが、3日に開かれた市の対策本部会議ですべての市立学校で4月20日まで休校を延長することが決まりました。 先月3日から長期間続く休校への学習保障として、市は4月8日から小学校1年から高校3年までを対象に学習動画を作成し、インターネット上で配信していくということです。 動画は全教科を対象に学校の教員らが出演して進行し、インターネット環境がない家庭には学校が個別に対応するとしています。 また、各学校で予定されている4月6日と7日の入学式や始業式は対策したうえで実施し、4月21日以降の授業については13日をめどに決定する方針です。

横浜そごう週末は休業へ 高島屋も一部休業

20/4/3(金)18:24

首都圏の知事らが呼びかけた、不要不急の外出自粛要請を受け、今週末も県内の商業施設で臨時休業が相次ぎます。

横浜駅東口のそごう横浜店は、先週末は、時間を短縮して営業を続けていましたが、4日、5日と来週の土日は臨時休業を決めました。 3日は食料品などを買い求める人が訪れていましたが、混乱した様子はなく、必要な買い物を済ませると足早に家を目指す人が多く見られました。 また、横浜駅西口の横浜タカシマヤは、4日と5日は食品フロアのみ時間を短縮して営業するということです。

藤沢市で40代男性の感染確認 新型コロナウイルス

20/4/3(金)13:05

藤沢市は40代の男性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

藤沢市によりますと感染が確認されたのは市内に住む会社員の40代男性です。 3月30日に38.6度の発熱があり、一旦解熱するも翌日の深夜に39度の発熱、2日にPCR検査で陽性が判明しました。 現在は軽症で、入院中だということです。 男性は3月29日に感染が判明した患者の接触者で、濃厚接触者の詳細は調査中だということです。

JR関内駅近くで男性倒れ死亡

20/4/3(金)13:05

3日朝早く、横浜市中区のJR関内駅前で、60代とみられる男性が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

県警によりますと横浜市中区のJR関内駅南口付近の路上で、3日午前5時頃、男性が倒れているのを近くを通りかかった人が見つけて消防に通報しました。 男性は病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。 県警によりますと、死亡したのは60代の男性とみられ、顔にすり傷やあざなどがあったということです。 県警は、男性の身元の確認と死因の特定を急ぐとともに、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、周辺の防犯カメラを解析するなど詳しい状況を調べています。

逗子土砂崩れ 応急復旧工事完了し通行規制一部解除

20/4/3(金)13:04

ことし2月、逗子市で女子高校生が死亡した土砂崩れの事故で、現場の応急工事が終わり道路の通行規制が一部解除されました。

3日は、午前10時から京急の神武寺駅からJR東逗子駅方面への車道の規制が解除され、また土砂崩れを起こした斜面と反対側の歩道の規制も解除されました。 この事故は逗子市池子の市道脇の斜面で、ことし2月5日、幅およそ8メートルにわたって土砂が崩れ、18歳の女子高校生が死亡しました。 応急工事では、斜面におよそ150平方メートルのモルタルの吹き付け工事が行われ、道路に、高さ4メートル幅50メートルの防護柵が設けられました。 今後、市は、工事の方法などを選び本格工事の計画を検討するということです。

川崎市で男性死亡後に新型コロナ陽性判明

20/4/3(金)10:04

川崎市は2日夜、救急搬送された男性が死亡し、その後の検査で、新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。

川崎市によりますと死亡したのは幸区に住む会社員の70代男性です。 3月26日にせきの症状が出て2日に市内の医療機関に救急搬送され、死亡後の検査で陽性と判明しました。 死因は現時点で分からないということです。 また、同居する80代の妻も感染が確認されました。