デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2018年6月12日(火)]

愛川町長選挙が告示 現職と新人の一騎打ち

18/6/12(火)18:36

任期満了に伴って行われる愛川町長選挙が12日、告示されました。現職と新人の2人が立候補し、一騎打ちの選挙戦となります。

愛川町長選挙に立候補したのは、届け出順に再選を目指す現職の小野澤豊候補と、新人で会社員の小島淳候補の2人で、いずれも無所属です。 小野澤候補は前の町長が亡くなった町政の混乱を正常化し、子育て施策などを前に進めたと1期4年間の成果を強調。 公約として、横須賀市から返還された半原水源地で観光施設を整備するとしたほか温かい中学校給食の実施などを掲げています。 小島候補は現在37歳という若さを前面に出し、都内へ通勤通学がしやすいよう、京王線が通る橋本駅までのバス路線の設置を公約に掲げるほか小野澤候補が進める半原水源地の整備計画について「観光事業として成り立たない」と反対を主張しています。 愛川町長選挙は17日に投票が行われ、即日開票されます。

2つの刃物は「いずれ犯行に使うため購入」 新幹線殺傷

18/6/12(火)18:32

東海道新幹線の車内で乗客3人が男に刃物で襲われ男性1人が死亡した事件で、押収された2つの刃物について男が「いずれ犯行に使うために購入した」という趣旨の供述をしていることが分かりました。

愛知県の小島一朗容疑者は9日、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人をなたで切りつけ、うち男性1人を殺害した疑いが持たれています。 死亡した会社員の梅田耕太郎さんの体には数十カ所以上の傷があり、捜査関係者によりますと搬送時に梅田さんの足には果物ナイフが刺さっていたということです。 これまでに小島容疑者はなたと果物ナイフという2つの凶器について「長野県内で買った」と話していますが、その後の県警への取材で、「いずれ犯行に使うために購入した」という趣旨の供述もしていることが新たに分かりました。 県警は、小島容疑者が計画的かつ強い殺意を持って犯行に及んだとみて調べています。

人種差別根絶へ 川崎の市民団体が要望書提出

18/6/12(火)18:31

川崎市内の市民団体が在日コリアンへのヘイトスピーチなど人種差別の撤廃に向けた要望書を市長と市議会に提出しました。

要望書を提出したのは「ヘイトスピーチを許さない」かわさき市民ネットワークと在日コリアン1世の市民らで構成される「ドラヂ会」です。 ヘイトスピーチをめぐっては6月3日、川崎市教育文化会館で予定されていた講演会が、主催者の男性が過去に在日コリアンに対し差別的言動をしてきたとして開催に反対する市民らの抗議などにより中止。 要望書では3日の講演会中止をうけ、施設利用の事前規制などヘイトスピーチ対策のガイドラインの運用について市による課題の検証を求めています。 要望書を受け取った市議会の議員団はすべての会派から参加しています。

新幹線殺傷 死亡男性に2つの刃物使用か

18/6/12(火)13:15

東海道新幹線の車内で乗客3人が男に刃物で襲われ男性1人が死亡した事件で、男が男性に対しなたと果物ナイフの2つの刃物で切りつけていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

愛知県の小島一朗容疑者は今月9日、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人をなたで切りつけ男性1人を殺害した疑いが持たれています。 県警の司法解剖の結果、死亡した兵庫県に住む会社員の梅田耕太郎さんの死因は、なたで首を切られたことによる失血死で、傷の長さは約18センチに及んでいました。 また梅田さんの身体には数十カ所以上の傷がありましたが、その後の捜査関係者への取材で、搬送時に梅田さんの足には果物ナイフが刺さっていたことが新たに分かりました。 調べに対し小島容疑者は「なたとナイフは長野県内で買った」と話しているということで、県警は小島容疑者が2つの刃物を使って、強い殺意を持って犯行に及んだとみて調べています。

八景島で2万株のアジサイ見頃

18/6/12(火)13:15

梅雨の晴れ間を鮮やかに彩っています。

別名、あじさい島とも呼ばれる横浜市金沢区の八景島。 島のあちこちに見どころがあり、八景島オリジナルの品種「八景ブルー」をはじめさまざまな形や色のアジサイおよそ2万株を楽しむことができます。 来月1日まで開催される「あじさい祭」では、見どころを巡るスタンプラリーのほか、ことし初めて、アナベルが流れ落ちる滝のように咲く「あじさいの滝」で、竹灯籠を使った夜のライトアップも行われます。 ことしは例年より花付きが良く、来週末までは満開のアジサイを楽しめそうだということです。

路線バスと軽自動車が衝突 男性が死亡

18/6/12(火)13:12

12日、三浦市の県道で路線バスと軽自動車が衝突する事故があり、軽自動車を運転していた男性が死亡しました。

事故があったのは、三浦市三崎町六合の片側一車線の道路で、12日午前7時半頃、直進していた京浜急行の路線バスに対向車線を走ってきた軽自動車が正面から衝突しました。 バスは回送だったため客は乗っていませんでした。 この事故で軽自動車を運転していた横須賀市の会社員、黒川拓磨さん(34)が病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡が確認されました。 県警によりますと、黒川さんが運転する軽自動車が中央線をはみ出し、バスにぶつかったということで、原因について詳しく調べています。

命の尊さ訴える「生命のメッセージ展」

18/6/12(火)13:12

交通事故や犯罪に巻き込まれて命を落とした被害者の遺族が、遺品などを展示して命の尊さを訴える「生命のメッセージ展」が12日から、横浜市内で始まりました。

この展示会は交通事故や犯罪などに巻き込まれ、理不尽に命を奪われた被害者の遺族が、生命の重さや尊さを訴えようと2001年から始まり、全国を巡回。 今回の横浜で141回目となります。 会場には、亡くなった160人分の等身大のオブジェと遺品の靴のほか、遺族の思いを綴った文章や写真などが展示されています。 また、命や平和をテーマにした作品も展示されていて、会場を訪れた人は、真剣な眼差しで作品を見つめ、命の重さを感じている様子でした。 「生命のメッセージ展」は横浜市中区の県民ホールで今月17日まで開かれています。