デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年11月29日(金)]

瀬谷郵便局の再雇用社員 郵便物3600通を隠匿

19/11/29(金)20:37

自宅から見つかったのはおよそ3600通の手紙やはがきでした。横浜市瀬谷区の郵便局の配達員が、およそ16年間に渡って郵便物を配達せず自宅に隠していたことがわかりました。

日本郵便・南関東支社によりますと郵便物を隠していたのは、横浜市の瀬谷郵便局で配達を担当していた、60代の高齢再雇用の男性社員です。 20日に局内で郵便物の点検をしたところこの男性社員が配達すべき郵便物が配達されていないのが見つかりその後、自宅を調べたところ合わせて3611通の手紙やはがきが見つかったということです。 男性社員は、自分で持ち帰ったと認めていて、隠匿は、正社員だった2003年ごろから11月まで続いていたとみられています。 日本郵便は28日付けで男性社員を懲戒解雇処分にしていて今後、郵便法違反の疑いで刑事告訴する方針です。

贈収賄事件 海上自衛官「間違いありません」

19/11/29(金)18:54

護衛艦で使用する食料品を不正に納入し見返りに接待を受けたとして、収賄の罪に問われている海上自衛官の男の裁判が29日、横浜地裁で始まり、男は起訴内容を認めました。

この裁判は去年5月までのおよそ1年半の間、発注と異なる食品の納入を見過ごす見返りに、横須賀市の食品卸業者「明食」から高級クラブであわせて110万円余りの接待を受けたとして、海上自衛隊横須賀造修補給所に所属する今井伸幸被告が収賄の罪に問われているものです。 29日の初公判で今井被告は「間違いありません」と起訴された内容を認め、弁護側も事実関係については争いがないとしています。 検察側は冒頭陳述で「業務を通じて知り合った業者の社長にかねてより飲食代などを負担してもらう交際を続けていた」ときっかけを述べ、「自ら受領検査をすれば不正な納入が発覚しないと考え業者側に提案した」などと指摘。 さらに12月上旬に今井被告を追起訴する見通しであるとしました。

横浜DeNA三上投手がダウンで契約更改

19/11/29(金)18:53

プロ野球横浜DeNAベイスターズの三上朋也投手が契約更改に臨み、来シーズンの再起を誓いました。

シーズン序盤に右ひじのケガで離脱し手術を行った三上投手。 9月に1軍のマウンドに復帰を果たすも登板数は6年目で自己最少の6試合に留まりました。 リハビリを続ける中でどうしてケガをしたか考えるなど自分の体と向き合ったという三上投手。 2000万円ダウンの推定年俸8500万円でサインし、来シーズンの再起を見据えていました。 また、球団は、来年のシーズンシートが全席完売したと発表しました。 増築・改修工事に伴い100席増加した5600席分が9月の販売から89日で予定数に達したということです。

鎌倉・鶴岡八幡宮で破魔矢作りがピーク

19/11/29(金)18:52

ことしも残すところあと1カ月ほど。鎌倉市の鶴岡八幡宮では正月向けの破魔矢作りがピークを迎えています。

鶴岡八幡宮の神楽殿では巫女や神職が、水鳥の羽がついた竹に和紙を巻いたり鈴を付けたりと破魔矢作りに大忙しです。 初詣に訪れる参拝客に授けられる破魔矢は、長さが60センチと94センチの2種類で、あわせて24万5000本が用意されるということです。 破魔矢作りは春先から始められいまがピーク、29日は作業が一般に公開され、訪れた人たちはひと足早く正月気分を味わっていました。 鶴岡八幡宮の破魔矢作りは年末まで続きます。

年末年始に向けて神奈川県警が特別警戒へ

19/11/29(金)18:51

年末年始にかけて増加傾向にあるコンビニ強盗などの検挙や飲酒運転などの取り締まりを強化するため、県警が「年末年始特別警戒推進本部」を設置しました。

県警は、12月1日から1月3日まで、犯罪抑止のための警戒活動の強化にあたります。 強盗事件の検挙や飲酒運転の取り締まりなどに加えて、ことしは住人が就寝している住宅に侵入して金品を盗む「忍び込み」などが急増していることから、パトロール回数を増やし警戒にあたるとしています。 さらに、ことしに入って10月末までに県内で発生した特殊詐欺全体の被害件数は、2262件と依然として高いペースで、中でも「キャッシュカードすり替え型」と呼ばれる手口が去年の同じ時期に比べて急増していて注意を呼び掛けています。

ALS患者がVRで海の中を体験 横浜

19/11/29(金)18:50

海に入ることが難しい障害がある人も海を泳ぐような感覚をVRを使って楽しめます。

海の中をどんどん進んで魚の大群に急接近。 横浜・八景島シーパラダイスで開かれたVRと水中ドローンを使った体験イベントが、「海と日本プロジェクト」の一環として開かれました。 360度カメラがついた水中ドローンを水槽に潜らせ、VRで見ることで、まるで海の中を泳いでいるような感覚が楽しめます。 29日は、ALS患者も操縦を体験。 手足を動かすことが難しい人も視線を動かすことで操縦が可能で、海の生き物に急接近することが出来ます。 このイベントは12月8日まで八景島シーパラダイスで体験することが出来ます。

開成町 新町役場の鍵引き渡し

19/11/29(金)18:49

新しい庁舎の建設が進められている開成町役場で、29日に新しい庁舎の鍵の引き渡し式が開かれました。

開成町では、1965年に建てられた今の町役場に、耐震性などに課題があるなどとして、建て替える計画を進めていました。 工事は去年の8月から続けられています。 新しい町役場は、地上3階建ての免震構造で、外からの光をよく取り入れたり熱を調整したりする、効率の良い省エネルギー設備を整えていることが特徴です。 このことから、国が、省エネルギー性能に優れている建物として定める「ZEB」に、国内にある官公庁や自治体の庁舎として、初めて認定されました。 29日は、工事を行った業者が町側にカギを渡す引き渡し式が開かれ、あいさつした府川裕一町長は、「県西部は環境にやさしい、と発信するシンボルになる」と、新しい庁舎が持つ責任に気を引き締めていました。 新しい開成町役場は、来年の4月に完成し、5月の大型連休明けから使われ始めるということです。

個人情報を私的収集 大和市職員を停職処分

19/11/29(金)14:49

大和市は女性の個人情報を私的に収集したとして32歳の男性職員を停職の懲戒処分にしました。

大和市によりますと停職3カ月となった総務部管財課の32歳の男性主事は選挙管理委員会事務局に所属していたおととしと去年の2回、事務局内でパソコンや書類から職員の女性などあわせて4人の女性の個人情報をスマートフォンで撮影して保存したということです。 男性主事は4人の女性について「興味があった」と話しているということです。

箱根の温泉供給 残り8軒に

19/11/29(金)12:39

台風19号の影響で、箱根町にある一部の旅館などで温泉の供給が停まっている問題で、供給できていない施設が8軒にまで減ったことがわかりました。

箱根町では、台風19号の影響で大涌谷にある温泉を供給するための施設が壊れたため、町内にある一部の旅館やホテルで、温泉の供給が滞っていました。 箱根町観光協会のまとめでは、当初、99軒の施設で温泉が供給されていませんでしたが、28日の時点で8軒にまで減ったということです。 観光協会によりますと、8軒はいずれも仙石原地区にあり、それ以外の町内の施設はほぼ平常通りだということです。

葉山町長選挙 現職が出馬表明

19/11/29(金)12:38

任期満了に伴い来月行われる葉山町長選挙に現職の山梨崇仁町長が3期目を目指して出馬することを表明しました。

「引き続き次期選挙 3期目に向けて自分ができるものならばこの力を十分に発揮して参りたいという覚悟でございます」山梨町長は29日に開かれた町議会で議員の質問に答える形で立候補を表明しました。 山梨町長は葉山町議を経て、2012年に初当選し、現在2期目を務めています。 出馬にあたって山梨町長は、3期目に向けて「公共施設の整備や防災対策などに、これまで培った力を発揮していきたい」と話しました。 葉山町長選挙は、来月17日に告示、22日に投票と開票が行われる予定ですが、これまでに出馬を表明をしたのは山梨町長だけで、無投票の可能性もあります。

鎌倉市 可燃ごみ焼却を逗子市に委託へ

19/11/29(金)12:35

鎌倉市は、2025年度から市内で排出される可燃ごみを逗子市のごみ処理場で焼却する計画を発表しました。

鎌倉、逗子、葉山の2市1町による計画によりますと、鎌倉市は、大町にある名越クリーンセンターでの可燃ごみの焼却を2024年度にやめ、2025年度からは逗子市のごみ処理場で焼却するということです。 2025年度の市内の可燃ごみは約1万5000トンと予測され、そのうち約000トンを逗子市で処理し、残りの6000トン余りは民間事業者に委託する計画です。 鎌倉市を含め2市1町では計画についての住民説明会を来月に開き、パブリックコメントを来年1月から実施する予定です。