デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
15:00
鬼平犯科帳 #5「谷中いろは茶屋」
ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2017年2月24日(金)]

平塚女性殺人事件 首にひもで絞められた痕

17/2/24(金)19:19

今月22日、平塚市の住宅で80歳の女性が遺体で見つかった事件で、女性の首にはひもで締められたような痕があったことが捜査関係者への取材で分かりました。

この事件は22日午前11時頃、平塚市札場町の住宅で、この家に1人で住む鳥海廣子さんが遺体で見つかったものです。 鳥海さんが通っていた病院から「通院予定日なのに来ない」と連絡を受けた別の家に住む長女が、1階の寝室のベッドの上で倒れている鳥海さんを見つけ、その後死亡が確認されました。 またその後の捜査関係者への取材で、遺体の首にはひもで絞められたような痕があったことが新たに分かりました。 県警によりますと、長女が家を訪ねたとき玄関の鍵はかかっていましたが、一部の窓ガラスが割られ鍵が外されていたということです。 閑静な住宅街で起きた突然の悲劇。 鳥海さんを知る人はー県警が周辺に不審な人物がいなかったか、捜査しています。

県産米「はるみ」 特A評価

17/2/24(金)19:14

日本穀物検定協会が発表した2016年産米の食味ランキングで、神奈川県産の「はるみ」が5段階評価で最上級の「特A」を獲得しました。

ランキングは産地や品種ごとに区分した全国の141銘柄を味や粘りなど6項目で評価しました。 「特A」は44銘柄、次点の「A」は79銘柄に上り、特AとAが全体に占める比率は87パーセントで過去最高となりました。 今回、初登場で特Aに選ばれた神奈川の「はるみ」は、2014年に平塚市内にあるJAの技術センターが開発したもので、県の奨励品種に選ばれていました。 米消費が減る中、ブランド米を育てる産地間競争は激しくなっています。

殺人などの罪で植松容疑者起訴

17/2/24(金)12:02

去年7月、相模原市緑区の障害者施設で入所者19人が殺害された事件で、横浜地検は24日、施設の元職員の男を殺人などの罪で起訴しました。

殺人などの罪で起訴されたのは、相模原市緑区に住む、障害者施設「津久井やまゆり園」の元職員植松聖被告です。 起訴状などによりますと植松被告は去年7月「津久井やまゆり園」で入所者を次々と包丁で刺すなどして19人を死亡させ、職員2人を含む26人に重軽傷を負わせた罪などに問われています。 植松被告はハンマーで窓ガラスを割って施設に侵入し、職員を結束バンドで拘束して入所者を刺していったとみられていて、これまでの県警の調べに対し、容疑を認めているということです。 横浜地検は去年9月から今月20日までのおよそ5カ月間鑑定留置を行ない、植松被告の事件当時の精神状態などを調べていましたが、鑑定結果から刑事責任能力があると判断しました。