デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年10月15日(火)]

浸水被害の川崎市で復旧作業続く

19/10/15(火)18:33

タワーマンションなどが立ち並ぶ川崎市中原区新丸子東では台風から3日たった15日も道路に泥などが広がっています。

川崎市によりますと中原区ではおよそ720件の浸水被害が確認されています。 また、中原区では午後5時過ぎ現在でおよそ600軒が停電しています。 多摩川が近くおよそ560件の浸水被害が出た川崎市高津区では、15日も住民らが片付け作業に追われていました。 高津区ではおよそ300軒の停電が続いていましたが、東京電力によりますと15日午後5時までに復旧したということです。 障害者が通う事業所も床上浸水の被害にあい、建物の中にたまった泥などを次々に運び出していました。 川崎市は台風で被災した人を対象に、市営住宅など76戸で一時避難を受け入れるとしています。

神奈川県内で14人死亡3人不明 相模原で2人の死亡確認 

19/10/15(火)18:30

猛威を振るった台風19号、県内では14人が死亡、3人が行方不明となっています。相模原市では、車ごと川に流された一家4人のうち、行方不明だった長男など2人の死亡が確認されました。

台風19号から3日目の15日朝。 男の子が見つかったのは、相模原市緑区の相模川の中州です。 消防などによりますと15日午前8時前、相模原消防の捜索隊が心肺停止の状態の8歳の長男を発見、その場で死亡が確認されました。 一家4人が川に流されたのは台風19号が最接近していた12日の夜。 4人が乗っていた車が串川に転落して流され、14日までに母親と11歳の長女、それに父親の死亡が確認されました。 長男が見つかったのは転落場所からおよそ6・7キロ下流、流された4人全員の死亡が確認されたことになります。 大規模な土砂崩れで住宅が倒壊した相模原市緑区牧野では、行方不明となっている60代の夫婦の捜索が自衛隊など87名体制で行われていますが、発見には至っていません。 一方、緑区青根の神之川キャンプ場で、このキャンプ場を経営する80代の男性が行方不明となっていて、15日午後、キャンプ場からおよそ2キロ下流で男性とみられる人を捜索隊が発見したということです。 その後、見つかった人は死亡が確認され消防によりますと行方不明となっている80代の男性と確認されたということです。 また、相模原市緑区では、現在も断水が続いています。 台風による停電の影響で浄水場などが停止し、区内で断水が発生。 15日午後1時現在、およそ1500軒で断水が続いています。 公共施設などに設置された給水所では、自らタンクを持ち込むか、支給されたビニールバッグを利用するなどして水の量には制限を設けずに給水できるということですが、市民からは不安の声が。 東京電力によりますと、土砂崩れなどの影響で現場に立ち入ることができず、停電復旧の見通しは立っていないということです。 また、相模原市緑区の小学校と中学校合わせて9校は、児童生徒の安全を確保するため15日の授業を休校にしていて、16日以降の授業再開も断水や通学路の安全を確認したうえで検討するとしています。

横須賀老人ホーム殺人 被告に懲役19年判決

19/10/15(火)18:26

横須賀市の老人ホームで入居者の女性の首を絞め殺害した罪に問われていた元職員の男の裁判員裁判で横浜地裁は男に懲役19年の判決を言い渡しました。

この裁判はことし1月、横須賀市大矢部にある老人ホーム「横須賀グリーンヒルケアハウス」の居室で入居者の菅谷伊津子さんの首を絞め殺害したとして、元職員の田村真樹被告が殺人などの罪に問われていたものです。 また、事件の前に菅谷さん名義のキャッシュカードで現金合わせて125万円を不正に引き出し、隠蔽のために通帳を持ち去った罪にも問われていて、これまでの裁判で田村被告は殺害と現金引き出しについて認めていました。 15日の裁判で横浜地裁の青沼潔裁判長は「介護職員としての信頼を裏切り窃盗に及んだうえ殺害の動機は保身のために他人の命を奪うことも厭わないという自己中心的なもの」と指摘。 「犯行態様は強い殺意に基づき悪質」として田村被告に懲役19年の実刑判決を言い渡しました。 一方、菅谷さんの通帳を持ち去った罪については、他の職員や入居者でも可能として無罪を言い渡しました。

ラグビーW杯観戦後に暴行か 電通局長を逮捕

19/10/15(火)15:22

13日、横浜市で開かれたラグビーワールドカップの日本代表の試合観戦後に、警備員の男性の顔を殴ったとして、電通の局長の男が現行犯逮捕されました。

暴行の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京都港区に住む電通の局長の51歳の男です。 県警によりますと、男は、13日夜、横浜国際総合競技場で行われたラグビーワールドカップの日本代表の試合観戦後に、警備員の男子大学生の左頬を1回平手で殴った疑いが持たれています。 男子大学生は会場の敷地内でアルバイトで警備員をしていて、男は観客誘導の柵をずらしていたところを男性に注意され、暴行に及んだということです。 当時、男は酒を飲んでいたとみられ、調べに対し、「たたいていません」と容疑を否認しています。

川崎市で台風の影響続く

19/10/15(火)13:09

タワーマンションなどが立ち並ぶ川崎市中原区新丸子東では台風から3日たった15日も道路に泥などが広がっています。

川崎市によりますと中原区ではおよそ720件の浸水被害が確認されています。 また、中原区では午後0時19分現在でおよそ600軒が停電。 同じくおよそ300軒の停電が続く高津区は、東京電力のホームページによりますと16日の午後9時10分頃の復旧を見込んでいるということです。 川崎市は15日も避難所を中原区と高津区のあわせて3カ所に開設しているということです。

不明の長男見つかる 断水・休校も 相模原市緑区

19/10/15(火)13:05

猛威を振るった台風19号、県内にも大きな爪あとを残しました。相模原市では15日朝、車ごと川に流された一家4人のうち、行方不明だった長男が見つかり、死亡が確認されました。

台風19号から3日目のけさ。 男の子が見つかったのは、相模原市緑区の相模川の中州です。 消防などによりますと15日午前8時前、相模原消防の捜索隊が心肺停止の状態の8歳の長男を発見、その場で死亡が確認されました。 一家4人が川に流されたのは台風19号が最接近していた12日の夜。 4人が乗っていた車が串川に転落して流され、母親と11歳の長女、下流で父親の死亡が確認されました。 長男が見つかったのは転落場所からおよそ6・7キロ下流、流された4人全員の死亡が確認されたことになります。 また、相模原市緑区では、現在も断水が続いています。 台風による停電の影響で浄水場などが停止し、区内で断水が発生。 15日午前7時現在、およそ1500軒で断水が続いています。 公共施設などに設置された給水所では、自らタンクを持ち込むか、支給されたビニールバッグを利用するなどして水量には制限を設けずに給水できるということですが、市民からは不安の声が。 東京電力によりますと、土砂崩れなどの影響で現場に立ち入ることができず、停電復旧の見通しは立っていないということです。 また、相模原市緑区の小学校と中学校合わせて9校は、児童生徒の安全を確保するため15日の授業を休校にしていて、16日以降の授業再開も断水や通学路の安全を確認したうえで検討するとしています。