デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年7月16日(火)]

藤沢女子高生連れ去り 男を身代金目的略取罪で起訴

19/7/16(火)20:54

6月に藤沢市で女子高校生が連れ去られた事件で、未成年者略取の疑いで逮捕された男を横浜地検は16日、身代金目的略取などの罪で起訴しました。

身代金目的略取や逮捕監禁などの罪で起訴されたのは綾瀬市綾西の会社役員木村功被告です。 起訴状などによりますと木村被告は6月24日から翌日にかけ、藤沢市の路上を歩いていた高校2年の女子生徒をはがいじめにして車で連れ去り、女子生徒の両親に電話で2000万円の身代金を要求した罪に問われています。 木村被告は厚木市内の宿泊施設で女子生徒と一緒にいるところを未成年者略取の疑いで逮捕されていて、県警の調べに対し「会社の資金不足で金が必要だった。 泥棒をやっても数万円なので誘拐した」などと供述していました。 横浜地検は木村被告の認否を明らかにしていません。

横浜DeNA綾部投手が無期限謹慎

19/7/16(火)20:53

プロ野球、横浜DeNAベイスターズは綾部翔投手を未成年と不適切な関係を持ったとして無期限の謹慎処分にしました。

球団によりますと無期限の謹慎処分となった綾部投手はおととし12月、インターネットを通じて知り合った未成年の女性と不適切な関係を持ったとして県青少年保護育成条例違反の疑いがあるとしています。 綾部投手は現在22歳で2015年のドラフト5位で入団し、おととし、1軍で初登板初先発し、初勝利を挙げました。

厚木乳児虐待死 県の検証結果まとまる

19/7/16(火)20:51

厚木市で生後1カ月の長男が父親に揺さぶられ半年後に死亡した事件について、県は16日、再発防止に向けた検証結果を取りまとめました。

事件をめぐっては父親が傷害の罪で起訴されていて、当時、対応にあたった厚木児童相談所が、長男の一時保護解除の情報を県警に提供しなかった点など連携の不十分さが指摘されていました。 検証委員会は4回に渡って開かれ、その結果、一時保護解除後に父親が「転居する予定」と話していた際、速やかに実態を把握し関係機関と共有すべきだったと提言しています。 また児童相談所が受け付けた虐待の相談件数は昨年度、過去最多となっていて、優先順位の見極めや児童福祉司を支える取り組みが必要としています。

津波救命艇の見学会 横浜

19/7/16(火)20:44

大津波の際に高台への避難が難しい人たちの命を守る「津波救命艇」が報道陣に公開されました。

公開されたのは広島県の造船会社が製造した津波救命艇、TTS8021です。 大津波から高齢者などの命を守る津波救命艇。 2011年の東日本大震災で多くの人命が津波によって失われたことを教訓に開発が始まり、現在、国土交通省のガイドラインを満たした津波救命艇は全国に18艇あります。 しかし、関東地方にはまだ設置されていません。 この救命艇は主体の構造が、従来の強化プラスチック製からアルミ製に改良され、耐久性が強化されています。 また室内は車いすでも乗り降りできるようバリアフリーになっています。 このほか、防災グッズや1週間分の飲食料を積むスペースが確保され安心して避難できるよう工夫されています。 この津波救命艇は21日に横浜港大さん橋に展示され一般公開される予定です。

県内で死亡事故相次ぐ 男性2人死亡

19/7/16(火)17:49

16日朝早く、横浜市と伊勢原市で交通事故が相次ぎ、40代と50代の男性2人が死亡しました。

16日午前4時頃、横浜市緑区長津田の国道で、直進していた軽自動車が道路を歩いて横断していた男性をはねました。 男性は近くに住む会社員の55歳の男性で、搬送先の病院で死亡が確認されました。 県警に過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された軽自動車を運転していた男は「信号は青だった」と供述。 目撃者の話では、男性は横断歩道ではない場所を渡っていたとみられていて、県警が事故の詳しい状況を調べています。 一方、伊勢原市小稲葉の市道では、午前4時15分頃、直進していた3トントラックが自転車と衝突。 自転車を運転していた平塚市の堀川潤さんが頭を強く打つなどし、死亡しました。 県警によりますと、トラックを運転していた47歳の男性は、堀川さんをはねた後、一度現場を離れ、およそ20分後に戻ってきたということで、県警では、ひき逃げの疑いもあるとみて事故の状況を詳しく調べています。

鶴見長女やけど放置裁判 母親「自分を優先していた」

19/7/16(火)17:41

ことし3月、横浜市鶴見区の自宅で重傷のやけどをした当時3歳の長女を放置した罪に問われている母親と、同居の男の裁判で母親は「パチスロに行っていて自分のことを優先していた」などと述べました。

この裁判はことし3月横浜市鶴見区梶山の自宅で重いやけどをした3歳の長女に医師の治療を受けさせず、置き去りにしたとして、母親の橋本佳歩被告と同居する交際相手の田中聡被告が保護責任者遺棄の罪に問われているものです。 きょう行われた被告人質問で橋本被告は、「長女にちゃんと見てあげられなくてごめんねと伝えたい」としたうえで、「パチスロに行っていて子どもより自分を優先していた。 ラップを巻いて回復していくと思っていた」などと述べました。 子どものことを問われると涙で言葉を詰まらせながら「3人とも引き取りたい。 長女の手術は無事終わって退院したと聞いて安心した」と語り「パチスロはもうやめたい」などと話しました。 この裁判は、8月23日に結審する予定です。

横浜FC 中村俊輔選手入団会見

19/7/16(火)17:39

サッカーJ2、横浜FCに加入した元日本代表、中村俊輔選手が入団会見を行いました。

中村俊輔選手「自分のプレーでポジティブな移籍にするしかないしパッと浮かぶのはJ1に上げたいまた自分がJ1の選手になる」去年、あと1歩でJ1昇格を逃した横浜FCは、リーグ戦を折り返して現在、9位。 昇格への切り札として加入した中村選手は、初めてとなるJ2でのプレーを心待ちにしています。 同じくJ1広島から加入した皆川佑介選手とともに後半戦の巻き返しへ。 横浜FCの次の試合は、20日、ホームで栃木と対戦します。