デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2018年8月16日(木)]

川崎市の福田市長が文科省に要請書提出

18/8/16(木)18:28

全国20の指定都市市長会を代表して川崎市の福田紀彦市長が教育現場の働き方改革などを提案する要請書を文部科学省に提出しました。

毎年、各政令市が持ち回りで国に提出する要請書、ことしは川崎市の福田市長が文部科学省の丹羽秀樹副大臣に提出しました。 要請書には学校や幼稚園など教育現場での働き方改革の推進や、義務教育施設などの老朽化対策と防災機能の強化などが盛り込まれています。 また国は来年10月から幼児教育や保育を無償化する方針を打ち出していますが、福田市長は制度の仕組みを地方へいまだに示していないことを指摘したということです。

横浜が3回戦に向けて練習 夏の甲子園

18/8/16(木)18:27

夏の全国高校野球、横浜高校は17日の3回戦で大会注目の右腕吉田投手を擁する秋田代表金足農業と対戦します。16日に兵庫県の西宮市内で行われた横浜の練習を取材しました。

16日の近畿地方は午後から雨の予報だったため横浜は、練習時間を予定より前倒しして午前9時頃からおよそ2時間、試合形式の練習を行いました。 はじめに、金足農業のエースでここまで2試合連続で2桁奪三振を記録している吉田投手を想定した右投手を相手に各打者が本番を意識してバッティングを行いました。 練習の後半は2カ所でのフリーバッティングに取り組み、平田監督自らがバッティングピッチャーを務めながらそれぞれのスイングをチェックしていました。 過去2試合いずれも2桁安打で好調な横浜打線の中で、2番を打つ河原木皇太選手は夏の甲子園からレギュラーを獲得。 これまで2試合で9打数4安打ホームラン1本4打点の活躍で存在感を発揮しています。 横浜は17日の第2試合で秋田代表の金足農業と対戦します。

久保建英 横浜F・マリノスに期限付き移籍

18/8/16(木)18:25

サッカースペイン1部リーグの強豪バルセロナの下部組織出身で、FC東京の久保建英選手が横浜F・マリノスに期限付き移籍で加入することが決まりました。

16日、F・マリノスの練習に合流した久保建英選手。 久保選手は川崎市出身の17歳で、2015年にスペイン1部、バルセロナの下部組織からFC東京の下部組織に入団。 去年11月にはFC東京とプロ契約を結び、2020年東京オリンピックでの活躍も期待されていますが、今シーズンはリーグ戦4試合の途中出場にとどまっていました。 久保選手の移籍期間はことしの12月31日までで、背番号はFC東京時代と同じ15番に決定。 まずは19日の鹿島アントラーズ戦での出場を目指します。

死体遺棄容疑で男逮捕「母の首絞めて殺した」三浦市

18/8/16(木)12:37

三浦市内の自宅に女性の遺体を遺棄したとして、48歳の男が逮捕されました。男は「母親の首を絞めて殺した」と話していて、県警は遺体が母親の可能性が高いとみて調べています。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、三浦市原町に住む無職の阿部進容疑者です。 県警によりますと阿部容疑者は去年12月頃、自宅のアパートに女性の遺体を遺棄した疑いが持たれています。 阿部容疑者は生活保護を受給している70代の母親と同居していて、15日に「受給者の安否が分からない」と市役所職員から県警に通報がありました。 警察官が阿部容疑者の自宅を訪れたところ、全身にタオルがかけられ、仰向けの状態の女性の遺体が見つかったということです。 調べに対し阿部容疑者は容疑を認めていて、捜査関係者によりますと「母親の首を手やタオルで絞めて殺した」と話しているということです。 県警は、遺体が阿部容疑者の母親の可能性が高いとみて身元の確認を急ぐとともに、動機などを詳しく調べています。

道路舗装で暑さ軽減 横浜市

18/8/16(木)12:37

横浜市は、道路に特殊な舗装を行うことで、路面の温度を下げることに成功したとする調査結果を発表しました。

横浜市では、2003年から中区と西区の都市部の道路で、太陽の熱を反射させる特殊な舗装を行っています。 市が、ことし6月に舗装しなおした西区の道路の路面温度を調べたところ、特殊な舗装をしていない部分と比べて、10度低いことがわかったということです。 市では、道路やビルの壁が太陽の熱を含み、まち全体の気温が上がる「ヒートアイランド現象」への対策として、道路の温度を下げることで市民の快適な生活に貢献したいとしています。