チョコレート戦争 〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜

あらすじ

第1章「学園でいちばんの男の子」

第3話「先生の報告書」

  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」

『Dust Kiss』メンバー4人、そして篠田康太の弟・貴宏との話を振り返り、松井から押し付けられた、学園理事長へ提出する報告書をまとめる仁科。
しかし、仁科の報告書の文章は憶測や妄想に囚われてばかりで要領を得ない。
やがて、仁科は、亡くなる直前の篠田康太を想い出す。
亡くなった篠田康太を見つけたのは、第一発見者は、仁科だった…
そして、篠田は、仁科の“ある過去”について知っていた…

第2話「バレンタインの怪人」

  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」
  • 第2話「バレンタインの怪人」

『Dust Kiss』の3人と面談を終えた仁科は、面談に来なかったもう一人のメンバー、小暮海斗(TAKA)の元へ向かった。
学校にあまり来ない小暮は、廃墟で仲間たちと独自の怪しいビジネスに勤しんでいた。そこで、仁科は小暮たちとライバル業者のトラブルに巻き込まれる。何とか立ち振る舞いそれを解決した仁科は、小暮からある情報を入手する。
篠田には、両親の離婚によって離れて暮らす弟がいるというのだ。
仁科はその篠田康太の弟・土屋貴宏(大平峻也)に会い行き話を聞いた。
その夜、学園で一人報告書をまとめる仁科の背後には、村木が話していた篠田殺害の犯人『バレンタインの怪人』が現れた……

第1話「誰もいない国」

  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」
  • 第1話「誰もいない国」

「卒業式まで、あと一ヶ月。百瀬学園は閑散としていた。
2月14日バレンタインデイに、学園人気No.1「キング」と呼ばれた生徒・篠田康太(立石俊樹)が誰かから貰った毒入りチョコにより、亡くなったからだ。
この事件の解明が進まないなか、篠田のクラスの副担任である仁科智也(小澤廉)は、彼が在籍していた学園内アイドルグループ“Dust Kiss”のメンバーに個人面談をするよう、担任の松井(小林且弥)から押し付けられる。誰もいない学園で仁科は、学園人気No.2の吉川優(小南光司)、中性的な個性を持つ宮田健介(星元裕月)リーダーの村木乃亜(古谷大和)と対峙するが……