デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > 番組案内 > サムライラグビー

サムライラグビー

合戦規則(基本ルール)

プレーはすり足のウォーキングで行います。走ることは禁止!

  • 人数は3対3、時間は5分ハーフに休憩3分。
    プレーヤーは左腰に刀と頭にマゲのかつらを装着、裃(かみしも)を着て、雪駄を装着。

  • オフェンスはパスを繋ぎ、相手インゴール内にボールを置くと「トライ」、1点。

  • ディフェンスはボールを持っているプレーヤーの刀を取ることで、「タックル」の代わりになる。
    刀を取ったディフェンスは、「脱刀!(ダットウ)」とコール。※取った刀はその場にすぐにおいてください。
    刀を取られたオフェンスプレーヤーは即座にプレーを停止、味方にパスを出す。
    ※故意な遅延行為と認められない限り、パス出しに時間制限を設けません。

    一連の攻撃で、オフェンスの反則、パスカット、ダットウ4回になれば攻守交代。
    ボールが外に出る、または反則等によってプレーが止まった際はその場、あるいはその場付近のサイドラインから「フリーパス」によって試合を再開します。※その際オフェンスはパサーの2m以内(およそ畳タテ1枚分)ディフェンス3m以上(およそ畳タテ2枚分)離れる必要があります。

反則について

  • 脱刀後に動いている・プレーを停止していないと判断された場合は「オーバーステップ」という反則となります。

  • 前に投げた場合は「スローフォワード」という反則となります。

  • ボールを前方に落とした場合も、「ノックオン」という反則となります。

  • ディフェンスのプレーヤーがボールを持っている人より、敵陣寄りに入り込み、相手の邪魔をするプレーをしたと判断された場合は「オフサイド」の反則となります。