デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > 会社概要 > 番組審議会

番組審議会

放送番組審議会委員(2017年7月~)

委員長 山田一廣(ノンフィクションライター)
副委員長 布施 勉
委員
*五十音順
伊藤有壱(東京藝術大学大学院教授) 五大路子(女優) 白石俊雄
二宮泉(神奈川県農業協同組合中央会常務理事) 林義亮(神奈川新聞社 取締役 論説主幹) 吉川知惠子(弁護士)


第391回テレビ神奈川 放送番組審議繪報告

2019年1月15日(火)開催

報告

タイムテーブル 特別番組 視聴者対応
BCP-B(非常災害時事業継続計画*2018年3月版)  番組統計(前年比率)

審議の主な内容
*視聴合評「2018年もありがとうベイスターズ!SP」(12月30日(日) 午後6:05~放送)

委員 試合映像、選手の声をかなりふんだんに使い、コーナーも大きく4つほどで、すごいゲーム、10大ニュース、後藤武敏さんのスペシャル、ブレイクを期待する選手、ある意味だらだらと、でも肩の力を抜いて楽しむというファンならではの番組になっていた。あまり熱中しているファンではない人が見るというところでは、プレゼントとか、ちょっと飛び道具的な演出もあると良かったなとは思ったが、全般見ていて、とても球団への愛にあふれた番組だった。
委員 番組が終わる時に、ロッカーで「こんちきしょう」という、あれが良かった。顔は出ていないが、「こんちきしょう」という選手一人一人の気持ちがあるのだなと一番強烈に感じた。ところどころにファンからのコメントがあったが、共感を得て、本当に全部良かった。今年の春からスタンドを増やすが、こういうスタジアムがオープンしますよという、ほんのワンショットでもいいので出した方が、進み具合がわかったのでは。
委員 女性も結構、客席にたくさんいるので、女性ファンの代表がいてもいいなと思う。内容は何となく、流れていくという感じだった。アナウンサーが、ネクタイを締めてユニフォームというのが毎回気になってしまう。
委員 続けての番組企画ということで、非常に完成度が高くて、安定した企画。ベイスターズのファン向けに、しっかりとファンが楽しめる映像をたくさん配置して面白かった。最後のところでなぜ佐伯さんのフリップが出なかったのか。押していたから詰めたということなのかもしれないが、あれは外したら駄目だと思う。また忘年会的に、居酒屋座談会と銘を打ってやっているわけだから、もう少し居酒屋の雰囲気を、画面の中で感じさせてもいいのではないか。
委員 盛り上げようという意図は重々分かるが、やはり佐伯貴弘さんを呼んでいるのだから、少しは注文もしてほしかった。せめてラミレス監督への注文ぐらい言ってほしかった。今年もしVが獲れなかったら首を賭けるとか、それぐらいのことを言ってもらいたかった。「応援ありがとうございます」と、判で押したようなことを言われても全く面白くないので。村瀬秀信さんがライターということだけだったので、どういうところで書いているのかテロップで教えてほしかった。
委員 どの人も熱いDeNAへの思い、とにかく詳しく、話題のネタが豊富で、本当に不動のレギュラー陣だなという感じがしたが、是非女性を入れてほしい。酔っぱらってろれつが回らなくなってはいけないが、やはりビールで乾杯でいいのではないか。みんなで選ぶ1番の試合の分析コメントと、10大ニュースがかぶってしまう部分もあり、その辺の整理ができたら良かったかもしれない。去年敗因というか、今期につながる反省も、ネガティブにならない範囲でもう少し触れてもらっても良かったと思う。
委員 吉井アナウンサーはやはりベテランであって、非常に大人の落ち着いた冷静さで番組を進め、番組の良さの半分は吉井さんではないかと思って見ていた。佐伯さんは、前回優勝の時のメンバーなので、優勝メンバーと現在のの比較、どこがどう違ったのか、そういったことを彼の口から聞いたら番組に深みが出たのではないか。いろいろなファンからコメントを聞いていたが、横浜のいろいろな場所でコメントを取ったらもっと良かった。
tvk tvkは、ベイスターズを多角的にいろいろな番組を使って放送している。この番組は、ファン目線でベイスターズをポジティブに捉えて、いいところを出し合って、こたつに入りながら見られるような番組をコンセプトで作っている。総括というよりも、ファンが気軽に良い気持ちになれる番組作りを目指した。本当にベイスターズ愛にあふれている4人の出演者だったので、内容的には預けているような雰囲気で作らせてもらった。女性ゲストに関しては、ベイスターズのことをなんでも話せて、なおかつ気が利いて、口が立つ女性がいれば出演していただきたいと思っている。乾杯については、出演者がお車で来たり、次の仕事があるということで、全員ウーロン茶という形になった。居酒屋だが、あくまで美術セットとして、捉えていただければと思う。佐伯さんのコメントについては、収録の都合上ということにさせいただきたい。去年引退した後藤選手は、高校時代から知り合いで、去年松坂世代の神奈川・横浜を背負った一人が辞めるということで、「是非とも番組に出てほしい」と直談判した。僕の思いが入ったコーナーだった。現地の映像やロッカールームの映像は、ベイスターズが球団として撮影している「FOR REAL」という素材もいいものなので、お借りして放映した。充実した戦力になってきていると思うので、今年どういう番組ができるのか、今から楽しみな気持ちでいる。

出席者

委員 山田委員長 布施副委員長 伊藤委員 五大委員 白石委員 二宮委員 林委員 吉川委員
tvk 中村行宏代表取締役社長 押川渉常務取締役技術局長 嶋田充郎取締役報道制作局長 壷阪敏秀編成局長  近藤和之編成部長  竹野洋介プロデューサー

次回視聴合評番組
「ビルボードTOP40」(毎週木曜 午後10:00~放送)


バックナンバー