デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > 会社概要 > 番組審議会

番組審議会

放送番組審議会委員(2017年7月~)

委員長 山田一廣(ノンフィクションライター)
副委員長 布施 勉
委員
*五十音順
伊藤有壱(東京藝術大学大学院教授) 五大路子(女優) 白石俊雄
二宮泉(神奈川県農業協同組合中央会常務理事) 林義亮(神奈川新聞社 取締役 論説主幹) 吉川知惠子(弁護士)


第387回 テレビ神奈川・放送番組審議会報告

2018年7月17日(火)開催

報告 タイムテーブル、特別番組、視聴者対応

審議の主な内容
 『カナフルTV』(毎週日曜 午後6時~放送)
 *視聴合評 7月1日(日)放送分

委員 字幕をうまく使い、おすすめ商品の紹介やお店の営業時間など非常に見て いてわかりやすかった。カメラが結構上から撮っていたが、あれは技術的にいいものがあるのか。普通の目線で商店街を歩くという感じの方が見やすいなと思った。
委員 江の島の観光を含め通りの変遷などの話しを伺ったら、県が主張する「地域魅力の再発見」という広報番組の役割をより果たせたのではないかという気がした。出演者がはしゃぎすぎの感が否めない。内輪だけで盛り上がっているという感じがしないでもなく、見ている方がのっていけない、ついていけないところが多少なりともあった。
委員 食べた時の感想などもう少し冷静に聞きたかった。はしゃぐのはいいが、視聴者に状況をしっかり説明できるように感じられるといいと思う。「カナステ長者」は、物を粗末にする時代に、また人と人とのつながりがない時代に、なかなか面白い企画だと思った。
委員 会話は屈託がなくて漫才を聞いているような感じで楽しかった。原稿がなくてあそこまで話をするのはなかなかよかった。江の島のすばな通りは、昔はにぎやかだったのではないかと想像したが、今昔がよくわからなかった。写真館で2代記念写真を撮っていることなどつかみ取って紹介してもらえればよかったのではないか。しかし、この通りは是非行ってみたいなと思った。
委員 田崎さんというデスク的な女性がドンと姉さんという感じで、とても力強いが、うまく転がしている感もなく、存在感をもっと発揮してほしい。終始、丸窓で手話の説明が出ていたのはとても良かった。他の番組へのヒントにもなっていたと思う。
委員 地元の話題を引っ張り出して、付加価値を付けるようにすると何か面白いことが起こって、もう一度江の島へ行ってみようかという気持ちになるのではないか。そういう点から言うとストーリー性というのがあまりなかった。せっかくいい話題なのに、それを取り組んでいこうというところが甘いのではないか。
委員 神奈川県の広報番組ということだが、それを感じさせず、好ましいと感じた。MCはもう少し気の利いたコメント、自分の言葉で語るべきなのが彼女の本来の役割かなという感じがした。「カナステ長者」は全然理解の外にあり、面白くなかった。
委員 スタジオセットの録音ブースみたいなところで、レポーターがラジオのディスクジョッキー風に登場したのがどう展開するのか楽しみだったが、特にそのしかけは活かされている感じがなく、がっかりした。「カナステ長者」で、路上でヘルメットなどもせず、筒を重ねた上に乗ろうとしていたのは、あまりにも無謀と感じた。いくらテロップで「まねしないでください」と出しても、子どもがまねたりしては大変。本人たちがやりたがっても止めるべきだと思った。
tvk 本来、県の番組は明るく、楽しく、わかりやすくいうのがテーマだが、扱っているネタは普段はもっともっと硬いものが多い。むしろ今回のテーマは我々としては自由にやらせてもらえたので、ちょっとはしゃぎすぎてしまった感がある。真摯に受け止め、番組作りに活かしていきたい。カメラは、通常はレポーターの目線で撮るが、今回は道というものを主人公にしなさいと。だから道をより効果的に撮るために、もう一台のカメラは俯瞰のように敢えてスタッフが映りこんだところを何箇所か入れた。指摘があった田崎さんの役割だが、本来県の広報番組としてしっかり作らなければいけない時に、彼女の良さは今以上に生きていると思う。「カナステ長者」はカナフルTVのステッカーから始まり、神奈川県の県境を一周回るという企画。来年3月までかけて、県のいろいろな地域で暮らしている方々の表情を見せながら物々交換をしていく。怪我については、あれはディレクターに対して厳しく絶対しないようにと。放送時間が日曜日の朝9時から夜6時に変わり、視聴者層をもっと下げたいというところがある。そのためインタビューで活かすところが、表面的になってしまったかなというのがあるが、反応を見て、探っていきながら表現していきたい。

出席者

委員 山田委員長、布施副委員長、伊藤委員、五大委員、白石委員、二宮委員、林委員
tvk 中村行宏代表取締役、押川渉常務取締役技術局長、嶋田充郎取締役報道制作局長、武富俊一制作二部長、壷阪敏秀編成局長、近藤和之編成部長

次回視聴合評番組
    『クルマでいこう!』(毎週日曜 午後10時~放送)


バックナンバー